忍者ブログ

多摩川釣り奇行?

多摩川を釣る!なぜならそこに魚がいるから

HOME • Admin • Write • Comment
 ぬるい春風を感じると寂しさと不安に襲われてしまうのは、私が少年の心を失っていない証拠だろう。
 9日土曜、10日日曜と春爛漫な陽気はもはや初夏を思わせるMAX26度を記録したという。
 となるとマルタウグイ釣り。
 待ってましたとばかりに多摩川へ繰り出したいところですが、いや待てよ、と。
 この陽気じゃマルタの魚群を上回る数の釣り人の群れが予想される。
 その様まるで、イワシの群れに襲いかかるマグロの大群のよう。
 土日は大人しくしていることにしました。

 待ちに待った11日月曜日。昨日ですね。
 マルタ!出撃!。
 最初のポイントは毎年マルタの他にニゴイや鯉さんとバラエティ豊かな顔ぶれが楽しめる場所。
 しかし平日にもかかわらず既にポイントは釣り人がチラホラ。
 じゃあ仕方ないということで、エリア内の小場所をチェックして回ることに。
 各所にイイ感じの瀬と深場の絡む場所はあるのだが、マルタの航跡、背びれが見えない。
 まるで先ほど釣り人が集結していた場所に魚が固まっているかのよう。
 ああ、そういうことね、と来た道を引き返します。

 しかし場所が空きません。
 みなさんポツリポツリと良型のマルタを揚げていらっしゃいます。
 うらやましい限りでございます。
 ふと、もう一箇所のポイントへ移動することが頭をよぎります。
 でも時間をかけて移動して群れがいなかったらどうする?
 ここで待って場所が空いたら入れてもらうのが左脳的に妥当である。

 釣り人たちを眺めつつ、適当な岩の椅子に腰を下ろします。
 みちすがらのスーパーで買ってきたお団子とお茶で腹ごしらえをすることに。
 腹が減っては戦はできぬ。でも釣りならできる。でも食べる。
 足をブラブラさせながらお団子を食べます。
 一串、二串、三串と平らげても釣り座はあかず。
 マルタ中毒の患者たちがなかなか釣りをやめられないのは私にもよくわかります。

 さて、もう一箇所のポイントへ行きたいと何かが訴えかけてきます。
 移動先に群れがおらず引き返してくるようなことになったら無駄足だ。
 もう少し待つのがスマートなイケメンがするべき振る舞いだろう。
 ということで、昔付き合っていた女のことや、今好きな女のことなどに思いを巡らすことに。
 女のことを熟考したところで、目の前の釣り人たちの釣欲は治まるところを知らぬよう。
 これじゃ埒があかん。ということで移動を決断した。

 エリア移動をして辿り着いた場所には他の釣り人の姿はない。
 水際を歩きながら魚群を探すとマルタが立てる水しぶきを発見。
 もっと早くこっちに来ていればよかった。
 さっそく実釣開始。開始早々ヒット。すぐさま連発。
――これがマルタの醍醐味です。
 釣れたりバラしたりを繰り返しながら効率的な釣り方にアジャストしてゆきます。
 
 数メートル先にいるマルタを足元へ運んでくる仕事を黙々と繰り返していると飽きてきます。
 いや、飽きるよりも先に酷使した手首が先に悲鳴をあげます。
 手首の悲鳴と飽いた気持ちでそろそろ帰ろうかと思うのですが、すんなり帰れないのがマルタ中毒の恐ろしいところ。
 「次の魚で上がろう」と思うのですが、「いや、今のは合わせがいまいちだった」とか「スレがかりだった」などと、イチャモンをつけてしまうのです。
 それで次の魚で上がるつもりが30分も経過してしまうのです。

 こうなるともう自分の中毒症状にパニック状態になり歯止めが効かなくなります。
 水中ではマルタ達が興奮とパニックで水しぶきを上げています。
 パニックというキーワードによって水中と大気中が一体となる奇跡が繰り広げられているのでした。

 マルタ釣りを覚えた最初の頃はこのマルタ中毒の熱狂に犯されてしまい、手持ちのフックが延びきるなど、物理的に釣りが続行不可能になるまで釣りつづけ、身も心もマルタもボロボロになるまでやめられませんでした。

 だが今の私は違う。生まれ変わったのだ。←何からですか?
 適当なところで切り上げられる大人の余裕を身につけているのです。
 次の魚で上がり、と決めたのでスパッと上がることにしました。

 でもふと気が付いてしまいました。
 諸事につけて、大人になる、大人の余裕を身につける、それすなわち情熱と体力が低下した、ということではなかろうかと。



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ   
 にほんブログ村   にほんブログ村      にほんブログ村       鯉釣り ブログランキングへ













 

PR
 今日は夏日を思わせるほどの暑さとなり、マルタにとっての好条件となるため釣竿片手に状況調査へ。私は春から初夏にかけて気温が年初来高値をつけると好釣の条件と考えているからです。
 今年の付き場をチェックしてみると極めて散発的な瀬付きの行動が見られますが、盛大なバシャールとはいえません。たしかに魚はいて動きはありますがバシャールには至らずといったところです。

 試しにルアーを流してみると反応悪し。どうもマルタは熱狂、興奮状態にはないようでルアーは虚しく川底をなぞるだけ。
 マルタの熱狂、いや活性は低いのですが、鯉の活性は高いらしくウロウロしている様子が見られます。
 何度も流しているとニゴイさんがヒット。長細い魚体はいつ見ても「美味しそうじゃないな」という風情ですが、久々に再開したので嬉しいです。
 それから鯉さんヒット。今日は45分でこれだけの釣果だったのですが、マルタが一度もヒットせずでした。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
 にほんブログ村  にほんブログ村  にほんブログ村

 マルタのルアー釣りの定番といえば小型のスプーン、スピナーです。
 
安定した釣果が得られ、あると心強いですね。

 しかしここ数年は自作のルアーを使っています。
 理由はマルタ釣はどうしてもパワーゲームかつ数釣りのゲームになりタックルへ負担がタフになります。ラインチェックを怠ると糸切れを起こしロスト。連続使用でフックもすぐに伸びてしまいます。ルアーも一回の釣行で少なくとも1個はロストします。とても消耗の激しい釣りです。
 また、マルタというのは何を使っても釣れてしまいます。正直、名器と言われるルアーと適当なルアーとでは釣果に大差はありません。
 なのでここ数年、私は安価に量産できる手作りルアーを使っています。人にお見せするようなものではないのですが↓のようなものを使っています。

 ルアーというよりもフライのようですが、これにオモリをつけて流します。作り方はフックに100均で買ったビーズを巻きつけただけという簡単構造。ゆえに量産が可能なのであります。
 
 私はこのようなルアーで釣っていますが、マルタは何を使っても釣れる――色んなルアーを試すことができます。人それぞれの楽しみ方ができる釣りです。
 手堅い釣りも楽しいですし、ちょっと違うことをしてみると、思いもよらない意外な釣り方を発見できるかもしれません。





 今日はやることが盛りだくさんで釣行。まず鯉の新規ポイント開拓をして、それからマルタを釣ってと。
 
 今日も晴れてはいましたが昨日のような初夏の気温には程遠い、むしろ冬のような寒さ。河原に到着すると北よりの風が寒さを倍増してくれます。
 とりあえず鯉の新規ポイントを調査。昨年から工事やら大雨で鯉の付き場が変わってしまいました。鯉釣りは1にポイント2にポイント3、4がなくて5にポイントと私は考えているくらいとにかく魚が沢山いる場所でないと話しになりません。
 今日見に行ったのはネットで見つけたパンプカ釣りをされている方のブログで、私がよく知る某所で釣られているようで、しかし私はその場所は数年前に見切っていた場所なのですが、良く釣れるということで再調査に。
 現着するとたしかにグッドコンディションの魚がけっこういます。しかし浅場でオープンウォーターな場所なのでスレてる可能性も高いと見ました。
 とりあえず釣りをするも、何しろモロにオープンな場所なので抜き足差し足でアプローチし、太陽を背にして魚に気が付かれないように慎重にパンプカ仕掛けを投入。魚とのディスタンスを広めにとり、流れに乗せて鯉の目の前を通してやるとスンナリ食ってきてくれました。
 釣れたのは30cm代の小ぶりな子ですが丸っこくて可愛い鯉でした。
 ヒットしてから素早くポイントから引き離したのですが、やはり浅場のオープンウォーターだけに魚の散りも速く、次のターゲットが見つからないので終了。
 マルタのポイントへGO!。

 今年はマルタの初出撃になります。さあ、今年はどんなかな、とバシャールを探して近眼の目で目一杯とおくに目をやります。
 なかなかバシャールが見当たらずも、やっと見つけたそれはボリュームのある流れと岩がからむ攻めにくいポイントでした。
 でも、魚は沢山いるようなのでとりあえず手作りルアーをキャスト。すぐにアタリ。ヒットするもすぐ外れる。そうそう、マルタというのは意外と合わせが難しいんだよな、と昨年の記憶がよみがえります。
 キャスト位置、流し方、合わせ方などをアジャストしマルタを引き寄せることができました。いちどパターンがつかめれば後は機械的に爆釣モードが続きます。今日は釣れる魚のほとんどが40cmから50cmくらいの太いやつでホクホクです。

 マルタの爆釣モードが崩れる理由にライントラブルとフックの伸びがあります。
 連続パワーゲームなのでどうしてもラインがよれてきます。そのまま釣っているとだんだん糸がからみどうしようもなくなってしまいます。
 ラインの先のフックも伸びてしまいます。私もだんだんわかってきて、できるだけ太い針を買うようにしています。細い針だといとも簡単に伸ばされてしまい、予備がいくつあっても足りません。

 もう春なのに河原に吹く風は冬を感じさせます。いいかげん体が冷え切ってしまったので、終了。家へ帰って入る温かいお風呂を楽しみに家路につきましたとさ。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
 にほんブログ村  にほんブログ村  にほんブログ村


 炸裂する魚のバシャールを前にすると、釣り人は胸踊り居ても立ってもいられなくなる。気が急いてタックルセットがもどかしい。 

 キャスト⇒ヒット⇒パワー巻き寄せ⇒手早くフックオフ⇒キャスト⇒繰り返し。
 まるでカツオの一本釣り漁師のように釣り上げては仕掛けを単調に打ち返す。
 流してヒットしない場合は足元までルアーを寄せてきたらそのままベールを倒してすかさずキャスト。
 全ての動作が効率化された釣りマシーンと化した自分がいる。
 
 産卵期の魚はおかしい。うじゃうじゃと魚が集まり、人が近づいても逃げないし、ヒットしファイト中の魚の周りに他の魚が並走して泳ぐのだ。釣り人はその光景を目にしてますます熱狂状態におちいってゆく。
 おかしくなるのは魚だけでない。おかしくなった魚を前にした釣り人にも熱狂が伝染する。
 
 マルタの醍醐味というのは釣り味以上に春の狂気に耽溺できるところだろうか。

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
 にほんブログ村   にほんブログ村   にほんブログ村

貸し看板

貸し看板

Copyright ©  -- 多摩川釣り奇行? --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]